ワインの飲み方

テイスティングの仕方

  • コピーしました

テイスティングの仕方って身につくまで忘れがちです。

まぁ自分の備忘録のようなものです(;^_^A

 

1 目で見る

透明度、濃さ淡さ、粘性を見る

グラスは45度に傾ける。

 

黄色、淡い黄色、黄金色、赤銅色、琥珀色、薄いバラ色、

濃いバラ色、サーモンピンク色、赤紫色、紫がかった色、

茶色がかった色、褐色など

 

2 空気に触れる前後の香りをチェック

空気に触れる前のを楽しむ

らせん状の動きを作り出し、空気を触れさせる(スワーリング)

 

3 味わう

味(アルコール、タンニン、ワインの粘性)

風味(甘味、酸味、苦味)

 

4 口の中で風味を感じる

ワインが口の中で広がり温められることで更なる風味が現れる

 

5 余韻をあらわす

飲み込んだ後の風味の持続時間を数値化してあらわす。

余韻が5秒以内なら短い

12秒以上なら長い

 

 


 

 

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

トラックバックURL: 
気軽に無料体験
いつでもワインのお勉強を
ワイン好きにはたまらないサービス
ブログランキング

最近のコメント

表示できるコメントはありません。